経営戦略

営業改革のためにマーケティングオートメーション(MA)の活用を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

経営者の皆様、「営業改革」していますでしょうか?

「営業改革」とは、従来の営業活動から新しい営業手法に改革することです。

従来の営業活動では、トップダウンで意思決定が行われることが多かったこともあり、キーマンとの接点を強化する営業手法が良しとされてきました。
しかし現在では、インターネットの普及により、誰しもが簡単に情報を収集することができるようになりました。
その結果、顧客が情報を求め、課題感やニーズが多様化しています。

そこで新たな営業課題として、顧客一人一人の興味関心に応じたコミュニケーションを取る必要ができ、「営業工数の増加」や「新規顧客の獲得」に悩む企業が増えてきました。
こうした企業の課題を解決する手法の一つとして今、注目されているのが「マーケティングオートメーション」(MA)です。

営業改革 マーケティングオートメーション MA

マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーションとは、

リード(=見込み顧客)の獲得から、ホットリード(=見込み度合いの高いリード)を営業に引き渡すまでのマーケティング業務を、ツールや仕組みを用いて一貫して管理し、自動化・最適化する施策

のことです。

近年、多くの企業がマーケティングオートメーション(MA)について積極的になる理由として、

  • 営業負担の軽減
  • 顧客の接点の多様化

などが挙げられます。
実際、「マーケティングオートメーション(MA)」を導入し、営業改革に取り組まれている方が増えてきています。

営業改革で直面する課題

しかし、このように取り組まれる方は、次のような課題に直面しておられます。

  • 「MAを導入したけど、うまく活用できない」
  • 「ホームページを見直し、MAでうまく活用できるようにリニューアルしたが、次に何をすれば良いか分からない」
  • 「顧客リストを購入して新規開拓を始めたが、なかなか前に進まない」

以前と比べて、今は「営業改革」のための様々なノウハウや情報が、セミナーや書籍を通じて簡単に手に入る時代になりました。
しかし、ゴールはノウハウや情報を入手することではありません。
重要なのはそれをどう活用するか、運用していくのか、です。

多くの企業様が上記のような課題に直面している原因は、こうした

「得たノウハウ・情報の活用・運用方法が分からないから」

ではないでしょうか?

営業課題は誰に相談すべきか?

さらに、この状態に陥るともうひとつ大きな問題が生まれます。
それは「この状態に対して誰に相談するべきか分からない」ということです。

たとえどんなに良いツールを導入しようとも、それを自社に合わせて運用ベースに持ってこられないなら全く意味がありません。

これからの営業改革に向けて、現在抱えている問題があれば、早期に解決し、会社の業績を上げていきたいですよね。
そのためには、MAツールについて熟知しているプロのスタッフに相談するのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

当ブログ読者限定【特別レポート】プレゼント!

WEBマーケティングの基礎の基礎「売上ゼロからはじめてWEBマーケティングで年間売上3億円を達成する方法」を無料でプレゼント致します!

特別レポートは、有料セミナーでお話している内容も含んだ中小企業経営者にとってこれからの集客方法の指針となる重要な情報をしっかりと収めたものです。
WEBマーケティングの基礎の基礎についてですが、すでに自社でWEBマーケティングを実施している方も是非ごらんください。

 


詳しくはこちら!

SNSでもご購読できます。