経営戦略

ターゲットを絞れ! 経営のためのペルソナを設定する3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「あなたのお客様はどなた?」

この質問をした際に明確に答えが返ってくる企業は、意外に少ないものです。

当然ながら、どんなビジネスにおいても、ターゲットとしうるユーザーに対して商品やサービスを提供しています。
事業の基本である「誰に、何を、どうやって」の「誰に」に該当する部分です。

その最も大切なターゲットユーザーが明確に定まっていない! ここが事業がフライトしない要因かもしれません。

ペルソナ 経営 営業

ペルソナとは?

ターゲットユーザーを想定することを「ペルソナ」と言います。

ここでよく「幅広いターゲットを想定しているので、絞り切ることはできない!」と言われることもありますが、そもそも話が違います。
絞り切るからこそ、しっかりと届けたいユーザーに対して、訴求できる商品、サービスが展開できるのです。

当然ながら、企業の規模によっては、企業としてのペルソナやPJT単位のペルソナ、または商品としてのペルソナなど、区分けはあるでしょうが、いずれにせよペルソナを設定することが大切です。

ペルソナ設定のメリット

では、ペルソナを設定する具体的なメリットには、どんなことがあるのでしょうか?

社内でターゲットユーザーを共有できる

ペルソナを設定するメリットとして、まず一つ目に挙げられるのは、社内でターゲットユーザーを共有できることです。
特に中小企業となると、社長をはじめ、声の大きい人の意見に寄る傾向が多々見受けられます。
この時点でそもそもNGですが、しっかりと社内メンバーでペルソナを共有することで、ブレない訴求が可能となります。

選択と集中が可能になる

ペルソナ設定の二つ目のメリットは、選択と集中が可能になることです。

中小企業の一番の課題は、リソースです。人・物・金、の限りあるリソースの中で、マーケティングを講じなければなりません。

自社よりも資本力の大きい企業とガチンコ対決をすると、体力が持ちません。
ペルソナ設定をすることによって、しっかりと限られたリソースを集中投下することが可能となるのです。

マーケティング戦略の設定が容易になる

ペルソナ設定の三つ目のメリットとしては、マーケティング戦略の設定が容易になること。

二つ目のメリット「選択と集中が可能になる」にもリンクしますが、ペルソナを設定することで、消費行動を深く想定できるようになります。
あとは想定したペルソナに対して、適切な広告戦略を講じればよいわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今の時点で「社内のペルソナが明確にない!」という企業様は、一度ペルソナを想定してみるのをおススメします。
ペルソナを想定する際に気をつけていただきたいのが、社内メンバーだけで決めるのではなく、社外の第三者にファシリテーターとして入ってもらうことです。

なぜなら、ペルソナも自己都合で決めて上手くいくものではなく、しっかりと客観視した上で設定することが重要なのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

当ブログ読者限定【特別レポート】プレゼント!

WEBマーケティングの基礎の基礎「売上ゼロからはじめてWEBマーケティングで年間売上3億円を達成する方法」を無料でプレゼント致します!

特別レポートは、有料セミナーでお話している内容も含んだ中小企業経営者にとってこれからの集客方法の指針となる重要な情報をしっかりと収めたものです。
WEBマーケティングの基礎の基礎についてですが、すでに自社でWEBマーケティングを実施している方も是非ごらんください。

 


詳しくはこちら!

SNSでもご購読できます。