WEBマーケ

MEO対策とは?徹底解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近、WEBマーケティング業界で耳にするようになった「MEO」という言葉ですが、いまいち理解されていないようですので分かりやすくまとめてみました。
店舗ビジネスをされているオーナー様や経営者にとっては非常に重要な集客施策になりますので、ぜひしっかりと理解を深めて頂けると幸いです。

MEO対策

MEO対策とは

まずMEOとは何かと言うと、「Map Engine Optimization」の略称になります。
その頭文字をとって「MEO」と呼ばれています。

つまりは、Googleが提供している地図情報Google Mapに自社の情報を上位表示させることによってユーザー認知を高めることをを意味します。
それに似た言葉として「SEO」がありますが、これは「Search Engine Optimization」の略になります。
この2つの違いは、MEOはGoogle Mapの上位表示をさせることであり、SEOは検索エンジンの上位表示をさせることです。
MEOとSEOは似ているのですが、これら2つのアルゴリズムは全く別物なので、違う対策をしなければならないのです。

そこを混同しないように気をつけて理解を深めていきましょう。

Google MAPとは

GoogleMap

Google Mapとは、Googleがインターネットを通じて提供している地図情報サービスのことです。
現在Googleで様々な店舗情報を検索した際に地図が表示されるかと思います。
その非常に精度の高い地図データを活用することで便利なサービスが提供されています。

主なサービス

  • リアルタイムでの位置情報の提供
  • ナビ機能で乗り換え案内や道案内がわかる
  • 道路の渋滞状況はわかる
  • 店舗の営業情報
  • 住所
  • ホームページへのリンク
  • 口コミ情報
  • 電話番号
  • ストリートビュー

など多彩な機能があります。
Googleは今、非常にサービスを拡充させているのでドンドン便利になってきました。
これからの新サービスのリリースが楽しみです。

MEO対策が有効なサイト

MEO対策は、地図情報を表示させるサービスなので、大前提として店舗情報の登録が必要となります。
つまり、店舗がある企業やサービスが全て対象になります。

  • 商圏が限られているビジネスをしている会社
  • 店舗やオフィスへの来店がある会社
  • 事務所を持っている会社

これらは全て、MEO対策の対象になります。
特に飲食店やエステサロン・美容室などの日常からお店を探されているサービス業にとっては最重要な施策だと言えるでしょう。

MEOのメリット

googlemap使用例

MEO対策のメリットは、行動したいというユーザーの検索意図に沿って地図が表示されるということです。
例えば、
「銀座 イタリアン」と検索した人には、銀座にあるイタリアンの地図情報が表示されます。
その場合、ユーザーの意図としては「どこか、銀座にいいイタリアンないかな?」を思って検索するわけですから、地図が表示されて、自分が良いと思えるレストランが表示されれば予約しようと行動する可能性が高くなるわけです。
そうすれば、新規顧客を獲得することにつながるわけです。

さらに、Google Mapは現在、自然検索で表示される箇所よりも上部に表示されています。
つまりSEO対策で上位に上がっていても、Google MAPよりも必ず下に表示されることになるわけです。
必然的に、ユーザーの目に触れる確率が高くなるでしょう。
そう考えると重要な施策であると言えるのではないでしょうか。

MEOのデメリット

口コミのイメージ

MEOのデメリットとして、一般のユーザーも容易にクチコミを登録できるため、ネガティブな情報も書かれてしまうこともあります。
そうしたことが事実であるかどうかに関わらず、表示されることで店舗のブランディングに悪影響もあるのです。
これは食べログやホットペッパービューティー、Amazon、楽天などのポータルサイトと同じリスクではあります。
Gmailさえあれば、簡単にクチコミ登録をすることができるので、メリットもありますが、デメリットも合わせ持っていることを理解しておいてください。

MEOで絶対にやってはいけないこと

Google Mapを管理しているのはGoogle社になります。
Googleは運営社が悪質で欺くような対策を厳しく取り締まっています。
間違ったMEO対策をやってしまうと大きなペナルティを受けてしまう可能性があるので、絶対にやらないように注意してください。

  • 自作自演のクチコミ
  • 間違っている情報
  • 重複した情報
  • 過剰な誇大文句

こうした行為を厳しく禁じています。
特に自作自演のクチコミなどは行っているMEO会社などもありますが、絶対に行わないように気をつけましょう。

MEO対策の費用

一番気になるのは金額の部分ではないでしょうか。
MEO対策を外注した場合、どれくらいの費用がかかるのか相場についてご紹介いたします。
業者によって価格は違いますが、主には以下のポイントが変動します。

  • 対策キーワード数
  • 契約形態
  • 金額
  • 契約期間

まず、金額ですが、一般的には月額2.5円~4万円で提示している場合が多いのではないでしょうか。
この幅はキーワード数や契約形態によって異なるのですが、平均すると3万円くらいだといえるでしょう。

契約形態ですが、大きく2つのパターンに分類されます。
「成果報酬型」と「固定月額型」です。

「成果報酬型」

成果報酬型とは、Google Mapの表示は表示3つまではファーストビューに表示されます。
この上位3位までに入ることが成果としてカウントすることがMEOでは一般的です。
そのため、成果があった日数のみ費用が課金される方式が成果報酬型になります。

もちろん、上位表示されなければ費用はかからないので支払う必要がないのがメリットですが、上位に表示されない期間が長くなっても(つまりはお客様に閲覧されていない状態)お金が発生していないので強くクレームを入れられないと言うデメリットもあります。
そして、固定月額型よりも成果が出た場合に費用が高い傾向にあります。

「固定月額型」

固定月額型とは、上位に表示されていても、いなくても固定でMEO対策の費用を払う契約形態のことです。
固定でかかりますが、それ以上費用がかかることがないので予算化しやすいメリットと複数のキーワードで成果が出た場合に割安になるケースも多いです。

契約期間については、MEO対策は、一般的には6カ月、12カ月の一定期間の縛りがあるのが通常です。
できれば6カ月の方がオススメです。
もしMEO業者が上位に表示さえられなかった場合に短期間の方が次の対策を講じることができるわけですから。

対策キーワード

GoogleMapの対策キーワード

対策キーワードは一般的な契約においては2キーワード~6キーワードが一般的です。
MEO対策は、SEO対策とは異なり検索した際にGoogle Mapが表示されるキーワードでなければ対策ができません。
これは実際に検索して見て地図が表示されるかどうかの事前チェックが必要になります。
また、例えば「銀座 イタリアン」と「イタリアン 銀座」は同キーワードとしてカウントはされず、2キーワードとして考えるのが一般的です。
それはキーワードの順序によってもMEO対策の順位が異なるのと、キーワードの順序が変わると
検索意図も変わるためです。多くは店舗の「市区町村名+SEO対策で狙いたいキーワード」の組み合わせになることが多いです。

MEO対策で業者に絶対に聞いておくべき質問

このことは、悪質業者を選ばないために重要なことなので絶対に覚えておいてください。
それは

「契約が終わった後もMEO対策の効果は一定数効果は継続されるのか?」

ということです。
この際に

「はい、一定数効果は継続されます(100%ではなく)」

と言ってくれるMEO業者は任せてもいいかもしれません。
しかし、

「契約が終わったらMEO対策の効果は無くなります」

と言ってくるMEO業者は絶対危険です。

それはなぜか?
MEO対策の効果が無くなるということは、どういうことかというと
契約期間中に実行した「MEO対策の施策を解約と同時に、元に戻すという作業をする」
ということなのです。

つまり「契約し続けないと効果が得られません」ということで継続させるためなのでしょうが、元に戻す作業をするということは、非常に悪質だと感じてしまいますよね。
なので、必ずこの質問をしてみてください。

まとめ

GoogleMapを利用する女性たち

Google Mapユーザーは非常に増えています。そして地図が表示される検索キーワードも年々増加しているので、皆様も必ず一度は地図情報が表示されたことがあるのではないでしょうか。
まだまだMEO対策を実行していない企業や店舗も多いので、早く取り組むことで新規顧客の獲得につながる可能性も大きいのです。
そして、SEO対策やリスティング広告と比べて費用が少なくて済むのがMEO対策の良い点です。
ぜひトライしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。